女性

楽にお手入れする方法

肌のお手入れが面倒なときにあると便利なアイテムがオールインワンゲルです。一本だけで肌の保湿や潤いキープができます。メディプラスゲルならさらに美容液効果もあるので、最小限のお手入れでエイジングケアが可能です。

洗顔

乾燥を防ぐメイク落とし

クレンジングは毎日のメイク落としに最適な化粧品となりますが、乾燥肌の人は注意して使っていかなければいけません。特にオイルのクレンジングは強力な洗浄作用を持つため、乾燥を引き起こしてしまいます。そのため、乾燥肌にはクリームなどの優しい成分が向いているため、肌のいたわりを意識するようにしましょう。

美容クリーム

人気の化粧品を使ってみる

中高年の年代になると、小じわやたるみなどが気になってくる人が多く、毎日使用している基礎化粧品では、あまり効果が実感できないと悩んでいる人が大勢おられます。幹細胞化粧品は動物由来、ヒト由来、植物由来の商品がありますが、美容の分野で大変注目されています。

若い女性に多い皮膚病です

女の人

毛穴の古い角質が原因です

二の腕のブツブツは毛穴に古い角質が詰まった状態なので、やや盛り上がっており、見た目は皮膚の色と同じか茶褐色などの丘疹が見られる場合があります。二の腕のブツブツの正体は毛孔性苔癬と呼ばれており、早い人であれば小学生から見られるようになり、思春期頃が一番ピークになっています。男性に比べると女性に多い皮膚疾患ですが、外見上の問題などでコンプレックスを感じている人が多いです。良性の皮膚疾患なので、痒みや痛みなどの自覚症状は少なく、他人にうつる心配はありませんが、ノースリーブや半袖などの服を着用するために、きちんと治療をしておきたい人が増えています。二の腕のブツブツを改善するためには、角質を柔らかくする働きのある尿素が配合されたクリームを使ってみると良いでしょう。入浴後などの清潔になった素肌に尿素を配合したクリームを、優しく丁寧に塗っておくことで、優れた保湿効果が期待できます。普段の生活では、二の腕のブツブツが気になっていても、ナイロンタオルなどでごしごしと擦ると皮膚の状態が悪化してしまうので、絶対に避けて下さい。自宅でお手入れをしていても、二の腕のブツブツがなかなか改善しない場合は、皮膚科に足を運んで外用薬を処方してもらうと良いでしょう。薄着の季節になる前に皮膚のお手入れを始める人が多いですが、寒い冬の時期は皮膚の角質が溜まりやすいので、一年間を通してお手入れをする必要があります。二の腕のブツブツは20代から、30代を過ぎると、少しずつ目立たなくなる人が多いです。